『モテキ』ドラマ・映画の違いを検証!

モテキ ドラマ 映画 違い

原作マンガから映画とドラマで2度の実写化をされている『モテキ』。

今回は、『モテキ』ドラマと映画の違いについて迫っていきたいと思います。

この二つの作品両方を見た方は結構少数派ではないでしょうか?

映画版『モテキ』は結構有名ですが、ドラマ版の『モテキ』は深夜番組ということもあり、知名度はそれほど高くはないです。

しかしながら、ストーリーは関連付けられているのでドラマ版も見て損はないと思います!

そんな『モテキ』ドラマと映画の違いについて紹介していきたいと思います。

ドラマ・映画『モテキ』の基本情報の違いは?

 

ドラマ『モテキ』基本情報について

  • 脚本・演出 – 大根仁
  • チーフプロデューサー – 岡部紳二(テレビ東京)
  • プロデューサー – 阿部真士(テレビ東京)、市山竜次
  • 音楽 – 岩崎太整
  • 編集・タイトルバック演出 – 石田雄介
  • 主題歌オープニング曲:フジファブリック『夜明けのBEAT』(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
  • エンディング曲:Half-Life『J-POP』(tearbridge records)
  • 制作 – テレビ東京、オフィスクレッシェンド
  • 製作著作 – 『モテキ』製作委員会

 

映画『モテキ』基本情報について

  • 監督・脚本:大根仁
  • 音楽:岩崎太整
  • 主題歌オープニングテーマ:フジファブリック『夜明けのBEAT』(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
  • メインテーマ:女王蜂『デスコ』(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
  • 撮影:宮本亘、高田陽幸(Bカメラ)、大根仁(Cカメラ)
  • 照明:冨川英伸
  • 録音:下元徹
  • 美術:佐々木尚
  • 編集:石田雄介
  • スタイリスト:伊賀大介
  • 音楽スーパーバイザー:北原京子
  • 整音:加藤大和
  • 音響効果:大河原将
  • キャスティング:おおずさわこ
  • エンドロール:easeback
  • 記録:中田秀子
  • 助監督:神徳幸治
  • 制作担当:田口生己
  • ラインプロデューサー:杉原奈実
  • OPコレオグラファー:川崎悦子
  • Perfumeミュージカルシーンコレオグラファー:MIKIKO
  • 技術協力:アップサイド、サウンドライズ、ヴァンシャープ
  • 照明協力:APEX II
  • 美術協力:ヌーヴェルヴァーグ、アートインプレッション、俳優座劇場、サンズデコール、日本活動装置、NVC、高浜塗装、和泉園
  • 現像:IMAGICA
  • スタジオ:日活撮影所
  • 製作者:井澤昌平、市川南
  • 共同製作者:寺田篤、吉岡富夫、北川直樹、長坂信人、山崎浩一、喜多埜裕明、為森隆、小谷勝
  • エグゼクティブプロデューサー:中尾哲郎、塚田泰浩、山内章弘
  • 企画・総合プロデューサー:川村元気
  • プロデューサー:鈴木一巳、岡部紳二、露木友規枝、市山竜次
  • 製作:映画『モテキ』製作委員会(テレビ東京、東宝、電通、ソニー・ミュージックエンタテインメント、オフィスクレッシェンド、パルコ、Yahoo! JAPAN、テレビ大阪、テレビ愛知)
  • 製作プロダクション:東宝映像企画部、オフィスクレッシェンド
  • 配給:東宝


スポンサーリンク




ドラマ・映画『モテキ』のキャスト・役どころの違いは?

 

ドラマ『モテキ』キャストの紹介

 

藤本幸世 -森山未來 主人公。

本作の主人公・藤本幸世は派遣社員の29歳。

夢も貯金もなく、今までモテたこともない、恋に臆病な草食系サブカル男子です。

いきなり来たモテ期に戸惑いますが、まんざらでもない幸世。

チャンスと思い遊びまくろうとしますが、自分に自信がなく恋愛経験もほとんどないため、あと一歩の所でフラれ続けてしまいます。

 

土井亜紀 – 野波麻帆

幸世の前の派遣先の同僚で受付譲をやっている土井亜紀。

27歳です。

会社では眼鏡をかけている地味OLですが、素顔は美人で社交的な読者モデル系女子。

大の音楽好きで夏の野外フェスには毎年参加しています。

他人には分からないほどのコンプレックスを持っていますが、幸世に好意を寄せる女性のうちの1人です。

 

中柴いつか – 満島ひかり

中柴いつかはカメラマンアシスタントを務める22歳のサブカル女子。

新井浩文演じる島田に好意を寄せていますが、純粋で恋にも奥手な元気系の女の子です。

幸世とは2年前の飲み会で知り合い、それ以来音楽などの趣味も合う事から気を使わない友人の1人になっています。

 

小宮山夏樹 – 松本莉緒

小宮山夏樹は幸世が25歳の時に出会い、過去一番好きになった女性。

幸世の1つ下のOLで、気さくだがミステリアスな一面のある小悪魔系女子です。

美人ですがお酒に弱く、過去に酔って数々の問題を起こしており、幸世に対してもどっちつかずの思わせぶりな態度をとったりなど男性を翻弄していきます。

 

林田尚子 – 菊地凛子

幸世の中学の同級生で、女手一つで娘を育てるシングルマザー。

中学時代は幸世から『女ヤンキー』と呼ばれ敬遠されていましたが、現在ではすっかり丸くなり幸世に助言を与える存在です。

見た目は荒れていながらも当時から祖母の面倒を見たりなどをする家族思いで、4歳の娘・由真とともに地元で暮らしています。

 

島田雄一 – 新井浩文

島田雄一は幸世の親友で中学・高校の同級生。

女慣れしており数ヶ月前に結婚して妻がいる既婚者でありながらも、何人もの女性と交際するプレイボーイです。

学生時代は坊主頭で冴えなかった為女の子に不慣れでしたが、大学時代から激変して女好きになり今では妻と離婚の危機にあります。

 

映画『モテキ』キャストの紹介

 

森山未來(藤本幸世)

藤本幸世という役は、やればやるほど感情移入できなくなる、とにかくひどいやつなんですけど(笑)、去年のドラマ同様やりたい放題やらせてもらって、単純にすげえ面白い映画になってると思います。

みんな『モテキが来ないかな』とか言いますけど、ろくなもんじゃないですよ。

(劇中では)どの女性に対しても後味の悪いことしかしてないので、申し訳ない気持ちです。

 

長澤まさみ(松尾美由紀)

(自分が演じる)みゆきっていう女の子と自分を比較すると似ているところもたくさんあって、愛着がすごくわいて、楽しく演じることができました。

ちょっと悪い女な部分もあるので、その悪さ加減も観てもらえたらと思います。

 

麻生久美子(桝本留未子)

撮影では、1人カラオケしたり、牛丼を食べるシーンでは『食べるんじゃなく飲み込め』って言われたりして、たいへんな役だったんですけど。

幸世くん的にはこういうタイプの女性は初めてだと思うので、そこは見どころだと思います。

 

仲里依紗(愛)

今の時代に最適なストーリーだと思って。

こんなはじけた映画に出させてもらえるのはうれしいです。

派手で謎めいたキャラクターを演じるのは楽しかったし、見た目とのギャップもあるので、そこを観てほしいです。

 

真木よう子(唐木素子)

脚本の準備稿で下ネタと暴言がひどくて、これは大根さんが監督じゃなかったらやらなかったですね(笑)。

豪快な跳び蹴りのシーンがあるので、そこが映画でどんなふうになるのか、自分でも楽しみです。

 

ドラマ・映画『モテキ』のあらすじの違いは?

 

ドラマ『モテキ』のあらすじ

幸世(森山未來)は恋愛に不器用な派遣社員。

そんな幸世に亜紀(野波麻帆)、いつか(満島ひかり)、夏樹(松本莉緒)ら知人女性から次々と誘いがくる。

これが噂の『モテ期』かと舞い上がりつつも、自分に自信のない幸世は半信半疑。

亜紀とは派遣先で出会い、音楽の好みが一致。

1年前、一緒に行った野外フェスではいい雰囲気になったものの、それっきりになっていた。

幸世は久しぶりに亜紀に誘われ、DJイベントに行くが…。

 

映画『モテキ』のあらすじ

第1回モテキが過ぎて1年後、幸世は相変わらずセカンド童貞。

ある日ツイッターで話の合う松尾みゆきと出会って恋をするが、みゆきは彼氏持ちだった。

みゆき経由で桝元るみ子とも出会う。

職場のツンデレS女・唐木は叱咤係、ホステス嬢・愛は幸世を慰める。

るみ子と関係を持ったものの好きになれない幸世は、みゆきに告白、一応ハッピーエンド。


スポンサーリンク




ドラマ・映画『モテキ』主題歌、挿入歌の違いは?

 

ドラマ『モテキ』主題歌、挿入歌は?

  • ドラマ主題歌 オープニング曲:フジファブリック『夜明けのBEAT』
  • エンディング曲:Half-Life『J-POP』

 

モテ曲

ドラマの各話で使用された曲を『モテ曲』と呼んでいる。。

  • 『格好悪いふられ方』大江千里(1991年)
  • 『Change My Mind』TOKYO No.1 SOUL SET(2004年)
  • 『サマージャム’95』スチャダラパー(1995年)
  • 『BGM』スーパーカー(2003年)
  • 『強い気持ち・強い愛』小沢健二(1995年)
  • 『シャングリラ』チャットモンチー(2006年)
  • 『RUNNING SHOT』柴田恭兵(1986年)
  • 『Forever Friends』REMEDIOS(1993年)

 

映画『モテキ』主題歌、挿入歌は?

  • 映画主題歌 オープニングテーマ『夜明けのBEAT』フジファブリック
  • メインテーマ『デスコ』女王蜂

 

モテ曲

  • 『J-POP』Half-Life
  • 『マルマルファンク(映画『モテキ』Live ver.)』在日ファンク
  • 『格好悪いふられ方』大江千里
  • 『SELF CONTROL』TM NETWORK
  • 『安めぐみのテーマ』ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)


スポンサーリンク




ドラマ・映画『モテキ』視聴者の感想

 

ドラマ『モテキ』動画フルの無料視聴方法をご紹介!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのが現実です!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

利用者が言うのだから、間違いない動画配信サイトだと思います!

しかも、あまり知られていませんが、U-NEXTって雑誌読み放題って知っていました?

雑誌の種類もファッション誌・週刊誌・ビジネス誌など15ジャンルの最新号が読み放題なんです!

空いた時間にサクッとドラマ視聴し放題、サクッと雑誌も読み放題という事で、空いた時間を大満足にお過ごし頂けます!

それに、実は『U-NEXT』見逃しドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実!

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

つまり、

2017年春ドラマ

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 日曜劇場で話題の『小さな巨人』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』

2017年夏ドラマ

  • 渡辺直美さん主演のドラマ『カンナさーん!』
  • 火9でお馴染みの『僕たちがやりました』
  • 秋元康企画の福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』
  • 瑛太主演の金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』
  • 韓国ドラマリメイクドラマ日曜劇場『ごめん、愛してる』
  • 高畑充希主演の『過保護のカホコ』
  • SFヒューマンドラマ『脳にスマホが埋められた』

などの全ての見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

無料キャンペーン期間中ですので、今のうちに登録をオススメ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>無料申し込みはこちら<<

 

利用者の口コミは?

>>31日無料視聴申し込みはこちら<<

 

まとめ

主人公の森山未來がそのまま映画でも主人公を務めますので、シリーズ感は強いのではないでしょうか?

それにしても、ドラマも映画も豪華なヒロイン陣ですよね!

もはやここまでくると、好みの世界ではありますが、やはり長澤まさみの役どころとルックスは可愛かったですね!

『モテキ』の映画版とドラマ版の違いは分かっていただけましたか?

『モテキ』ファンの方は、原作マンガ、ドラマ、映画の三本立てで見ていただけるとパーフェクトですね!